副業にかかる税金

〜副業したら税金取られるんじゃないの?確定申告しなきゃいけないんじゃないの?と疑問に思われる方も多いと思います。私の確定申告の体験談と、副業にかかる税金について紹介します〜

-------副業でも税金取られるの?--------

サラリーマンが副業をする場合で、副業の収入が年間20万円を超える場合に課税対象(税金を払わなければならない)になります。その場合には、「確定申告」ということをしなければいけません。

--------確定申告って何?--------

その年の所得(1月1日から12月31日までの所得)を計算し、それにかかる税金を計算して税務署に申告することを「確定申告」といいます。

--------確定申告の方法--------

●申告期間:翌年の2月16日〜3月15日

●確定申告の流れ(アフィリエイト収入の場合)

1.収入を計算する

・1月1日から12月31日までの間に稼いだ金額をすべて計算し、合計する

2.経費を計算する

・パソコン代:4年で分割して計上

・家賃(賃貸の場合):アフィリエイト収入に使用している部屋の面積の割合で計算

・光熱費:アフィリエイト収入に使用している部屋の面積の割合で計算

・ネット通信費

・その他:アフィリエイト収入に関わっている経費全て(要領収証)

3.収入・経費を収支内訳書に記入する

・収入:「売り上げ(収入)金額」に記入

・パソコン代:「減価償却費」に記入

・家賃:「地代家賃」に記入

・光熱費:「水道光熱費」に記入

・ネット通信費:「通信費」に記入

4.収支内訳書と、本業の源泉徴収表を「タッチパネル」のおじさんに渡す(笑)

→おじさんが内訳書を見てコンピューターに打ち込んでくれ、申告書に記入してくれます。

5.住所・氏名などを記入し、窓口に提出

→副業がばれてはまずい人は、提出前に「住民税に関する事項」の「住民税の徴収方法の選択」を「自分で納付(普通徴収)」の方にチェックを入れます。

6.税金を納める:その場で収めることもできますし、郵便局や銀行で支払うこともできます。

☆終了☆

※上記は実際に管理人が税務署に行って、アフィリエイト収入の確定申告をしたときの流れです。昨年少し話題になったネットでの確定申告や、申告書を郵送する方法もあるようです。

--------確定申告の感想--------

全体的に、「以外に簡単だったなぁ〜」という印象でした。
ただ、去年は全く税金対策というものをしていなかったので、本来ならば経費として落とせたのに、領収証を残していなかったから落とせなかったというものがたくさんあったように思います。今後、もし収入が増えていくとしたら、「
領収証を取っておく」という税金対策はとても重要になってくると思います。…ということで、最近は意識して領収証をもらうようにしています。は全く税金対策というものをしていなかったので、本来ならば経費として落とせたのに、領収証を残していなかったから落とせなかったというものがたくさんあったように思います。今後、もし収入が増えていくとしたら、「領収証を取っておく」という税金対策はとても重要になってくると思います。…ということで、最近は意識して領収証をもらうようにしています。

--------確定申告すると会社にバレるんじゃない?--------

サラリーマンが副業をして、普通に確定申告をすると、次年度の住民税の金額が上がるので副業をしていることがばれてしまいます。そうならない方法を「会社にバレずに副業!?」でご紹介します。